• ホーム
  • インフルエンザ予防に食べたい料理

インフルエンザ予防に食べたい料理

薬と瓶を持っている人

インフルエンザウイルスに感染すると、咳、のどの痛み、鼻水、全身疲労、食欲減退、高熱、腹痛、筋肉痛、関節痛といった症状を伴います。
また、インフルエンザは後遺症が出る場合もありますので、できる限り予防をしましょう。
予防策としては、インフルエンザの予防接種を病院で打ってもらうことです。
インフルエンザが猛威を振るう前に早めに売ってもらうなら効果的です。
さらに予防対策として食べ物をあげることが出来ます。
では、予防になるどんな料理があるでしょうか?いくつかありますが、手軽に食べられる料理としてはお野菜や生姜をたっぷり使った餃子です。
餃子にはネギ、ニラ、人参、たまねぎなどの野菜などをたくさん使いますので、ビタミンをたっぷりとることが出来ます。
また、餃子には生姜を入れる人が多いですが、生姜は抗ウイルス性物質の分泌を促す効果があります。
さらに、生姜の中に含まれる成分は鼻詰まりを解消して咳を抑える働きのある物質が含まれています。
また、身体を温めて代謝をあげる役割もありますので生姜をたっぷり使った餃子を食べましょう。
さらに、ニンニクはウイルスやバクテリアから身体を守る効果がありますので、ニンニクも餃子の中に入れると一層インフルエンザにかかりにくい身体になるでしょう。
こうした料理を食べることに加えて、外出する際にはマスクを着用するようにしたり、外出先から帰ってきたなら石鹸をつけて手を洗うようにしましょう。また、うがいも忘れずにしましょう。
しかし、予防しても感染してしまうという場合があります。そんな時には、無理せずに体を休めるようにしましょう。
そして、早めに医療機関に行って治療を受けてタミフルやリレンザを始めとしたインフルエンザ治療薬を飲むようにしましょう。
インフルエンザの治療は早ければ早いほど辛い期間も短くなります。
特にリレンザはインフルエンザ発症から48時間以内に服用することで効能を発揮する薬です。
また、吸入薬なので内服薬のタミフルよりも副作用が少なく、安心して使うことができます。
インフルエンザの流行時期に合わせてリレンザを買い置きしておくと良いでしょう。

リレンザを手に入れる方法

リレンザは病院で処方してもらうこともできますが、発症後48時間以内に服用しなければ効果が得られません。
病院へ行くタイミングを逃すかもしれない、と不安な方はリレンザのネット通販サイトを利用して、予め購入しておくことをおすすめします。

関連記事