• ホーム
  • 消化に良いインフルエンザ時の料理

消化に良いインフルエンザ時の料理

薬を飲む女性

インフルエンザの際には、まずは急激な発熱によって脱水症状が起こりやすくなります。
またそれにより全身倦怠感、筋肉痛や関節痛が出やすくなります。
合わせて消化器に影響が出てくることもあるため、腹痛や下痢が出やすくなります。
こうした諸症状によって、食事を摂ることができないと言う状況になることも少なくありません。
無理をして食べる必要はありませんが、回復するためには、また脱水症状を少しでも緩和させるためには、ある程度の食べ物や飲み物を摂取しておいた方が良いのは確かなことです。
インフルエンザの際に摂取する食事として心がけたいのは、ひとつは脱水症状を緩和するための水分を含んでいると言うことです。
そしてもうひとつは、消化器に対する負担を軽減するために消化の良い食事であると言うことです。
そして可能であれば、インフルエンザからの回復を助けてくれるような栄養、ビタミンAやビタミンB群、ビタミンEなどを含んでいる食事を摂取するのが望ましいです。
では具体的にはどのような食事が望ましいかと言うと、理想的なのはお粥や雑煮、煮込みうどんなどです。
これらは消化も良く、また温かいので体の免疫力を助ける働きも期待できます。
また野菜を使用したスープやスムージーなども望ましいです。
看病してくれる人がいる場合は別ですが、一人暮らしで調理も自分でしなければならないと言う場合、インフルエンザの体でそれはなかなか辛いものがあります。
ですから、そうした場合に備えてレトルトのお粥などを用意しておくのが望ましいです。
また発熱で体が熱い場合は、何か冷たいものを食べたいと思うかもしれません。
この場合は、喉ごしの良いゼリーやヨーグルトがおすすめですし、スポーツ飲料でも良いです。
ただしあまりに冷たすぎるものは、下痢を引き起こす可能性もあるので気をつけて下さい。

関連記事